スキマスイッチ re:Action 追加公演@中野サンプラザ感想。

 

 

 

 

※ネタバレありです。

 

先日はスキマスイッチの追加公演@中野サンプラザへライブを見に行っていました。

 

セットリスト

↑こんな風にセットリストをまとめてくれているサイトがあるんですね。

 

前回本公演で行った時は

フラワーカンパニーズとの対バンだったのですが、追加公演は

「スキマスイッチ vs スキマスイッチ」

というなんだか行く前から気になる演出。ライブが始まると、二人だけのアコースティックスタイルから始まり、

なるほど、アコースティック形式 vs バンド形式なのかと。

2曲目の夏のコスモナウトは元々アップテンポな曲だったので

ピアノでしっとり歌い上げるバラードで初めの歌い出した時は

「あれ??この曲?知ってるけどなんだっけ?」と思ってしまうくらい

全く違う空気でバラードもとても合うんだなぁと曲の新しい面が見られたのが新鮮でした。

さらには「ハナツ」

この曲は自分の中ではとりわけ好きな曲という訳でも無くて何回かしか聴いていなかったんですが、

今回ピアノの弾き語りの演奏は歌詞がいつもより鮮明に聞こえてきて、

その歌詞の内容が最近私が感じていた事とリンクして自分の感情を表しているようで

すでに序盤から泣いてしまったのですが

「目指せば目指すほど孤独で 走り続けるほど弱さを知る」の部分から、もう涙が止まりませんでした。

頑張る人への応援歌ですね。あんなにいい曲だったんだなぁ。

曲が終わった後、色んなところで ぐすんぐすん 聞こえてきていたのでぐっと来た方が多かったんだなぁという感じでした。あれは泣いちゃうよ。

「私の歌だ」と思われる歌詞を書きたいなぁ。まさに「私の今の歌だ」そんな気持ちでした。

 

二人形式のスキマスイッチのラストの曲でAh Yeah!!をやったので、あれ?バンドの最後はどうするの?

ユリーカ?と思いながらもタオルを放り投げてノリノリでした。その前にもHello Especiallyだったので楽しく歌って一旦アコースティック形式は終了。

 

そして転換中にお二人が出て来てお話後バンドメンバーが登場。

そこに一曲目から大好きなパラボラヴァ。

もう、心の中はキャーでしたね。(叫べないタイプ)

ドラムイントロが始まった瞬間お客さんの歓声もすごかったです。

二人体制でのライブも素晴らしいですがバンドは音数も増えるし、一気に場が華やいだような感じでした。

長い事同じメンバーでやって来ただけあって年々一体感が増してるような気がします。

パラボラヴァで「精一杯両手を横に広げ」の部分でお客さんも大橋さんも一斉に両手を高くあげる場面があるのですが

毎回それが楽しくて照明にみんなの手がキラキラしていて、「あぁ楽しいなぁ、幸せだなぁ」と思える瞬間ですごく大好きなんです。あれはファンのみんなすごい幸せな瞬間なんじゃないかなぁと勝手に思ってます。

そして私はというと、二人体制のスキマスイッチの後半戦の部分と、バンド一曲目のパラボラヴァで体力配分を間違えたのでここで脱落(在宅作業ばかりで引きこもりがち人間の体力のしょぼさ…)

そこから椅子を畳んだ状態で腰掛け、温存しつつの鑑賞。

本公演ではこの曲をやるのか!!とびっくりした「ズラチナルーカ」

夕風ブレンドのアルバムの中で本当に好きすぎて通勤中一曲リピートで何回も繰り返し聴いていた曲で、なんとも言えない癖になるサウンドなんですよね。

ラストのバンド全体で終盤に向かって繰り返し繰り返し盛り上げていく部分は音がうわーーっと全体に広がっていくようでかっこよかったです。

「奏」はre:Actionのアレンジバージョンでしたが、このアレンジって曲の良さをより引き立てているような気がします。歌声の完全なる安定と「君が僕の前に現れた日から」のブレイク部分から後半になるにつれての村石さんのドラムの盛り上げが最高でした。近年で一番感動した「奏」でした。

やっぱり名曲だなぁ…。

 

その後のMCでは大橋さんの元にやってくる電子機器は初期不良が多くて、他の人が持ってる間は大丈夫なのに、僕が触ると壊れる。という理由から電磁波みたいなのを出しているのかなぁ、という流れで静電気が起こりやすいので歌番組で歌う時にマイクに近づくとバチン!!となりやすくてすっごく怖いし、バチっとなった瞬間がテレビに映っているそうで、そこには全然気づいた事は無かったんですが、私もめちゃめちゃ静電気が起こりやすくてびくびくしているので「わっかるー!!」という気持ちでもう大笑いでした。

いつも面白いですがこの日のMCもほんと楽しかった。

 

その後は新曲のコーナー。

新曲を発表する時はお客さんがどうしていいのか分からず棒立ちになる事が多いので、

「あれ?新曲、よく無かったのかな・・・。」と思うそうです。

こちらとしては新曲なので聞くぞ!という感じではあるんですけど、表情も真剣なんでしょうか。

大橋さんは普段ネガティブ思考なのかなという部分が垣間見える発言が割とありますが、今回の話を聞いてあんなに売れて評価も高くてお客さんも沢山いて、賞賛されててもそんな風に思うものなのだなぁ。とその高すぎるレベルで思ってしまうのなら「私の音楽って…」と自分がネガティブになる時があるのはもう仕方ないと諦めることにしました。笑

 

新曲のさよならエスケープは前回の中野でも披露してくれたので、今回初めて聴いたのは「Mr.カイト」
スクリーンに2、3年前には海外でも日本でもよく見たlyric videoのような文字装飾の映像が演奏とリンクするように映し出されていてとてもかっこよかった。
こんな曲があればいいなというものを詰め込んだそうですが、変わった曲で面白かったです。
サビとAメロの差がすごくて一曲に本当に色んな要素が詰め込まれていました。
どんな形で発表されるのか楽しみです。

 

その後はキミドリ色の世界とキレイだ。これは中々ライブでは聴けない曲なのでこのツアーで歌ってくれて幸せでした。

いい曲だなぁ。特にキレイだの「やっぱり手にとる写真は破れず、君はキレイだ」の所でシンバルで連続でキメがある部分、ここがとても好きでした。

そこからAh Yeah!!のギターイントロが。「まさかのおかわり!!」と大興奮。もう割と疲れ切っていたのですがタオルだけは投げたかったので、そこは参戦。

お隣の方は裸足でずっとジャンプしていて、前の方もジャンプしていて地面本当に揺れるくらい盛り上がっていました。

横と前とジャンプしていただけると、自分は全然ふわふわーっと揺れてるだけなのにジャンプしている気分になり

とても楽しかったのでありがとうございます。という感謝の気持ちでいっぱいでございました。

楽しくてずっとニコニコしながら見てたな。

 

スペシャルゲストが来るという事は噂されていたんですが、アンコールでは小田和正さんが登場。

ここで盛り上がりは最高潮。

あまりにびっくりしすぎて疲れが吹き飛んでしまいました。人間ってびっくりすると忘れるもんなんですね。

不思議です。拍手も鳴り止まずものすごい歓声でした。

二曲目に「ラブストーリーは突然に」が始まったのですが、ギターイントロが鳴った瞬間、

会場も「キィアァァァァーーー」みたいなすごい事になり私もまさか生で聴けるとは!!!と今日一番のテンション。あれは嬉しかったです。

間奏の部分で大橋さんが常田さんを見て大笑いしてたんですが、

してやったり顔だったのか、やっぱり先輩すっげーな、の感じだったのか分かりませんがお客さんのあまりの盛り上がりっぷりに二人で笑っていたように見えました。

MCは大先輩を前にお二人もものすごく緊張されてて、中々緊張感漂うステージだったのですが、その後「君のとなり」でしっとり終わり、ライブもキレイに大御所で終わったのだな。

と思って帰ろうかと思った所アンコールが起こり、まさかのダブルアンコール。

「みんな早く帰りなさいよ!!」と言っていましたが、僕もみんなともうちょっと騒ぎたかったのでありがとうございます。とここで最後はやっぱり全力少年。

最初の声出しでみんなの声がよく出ているものだから「ラブストーリーは突然にでみんな喉があったまってしょうがないんじゃない〜?」と言っていましたが本当にめちゃくちゃ大きくてキレイな声がみんな出ていました。

私も全力少年のサビ、あんなに全力で歌ったの初めてちゃうかっていうくらい歌って手を叩きました。

普段、手拍子したり歌ったりすると、演奏にあまり集中できなくてほとんど大人しく聴くんですが、今回はあまりの楽しさにライブを体でも楽しみました。

なんだか演奏者と会場と一体感があったライブでみんなのコンディションがすごく最高だったのではないかなぁ。

 

・・・今回、ものすごいいいライブに行けた事が本当に幸せで感動的だったのですが、

ライブ終演後すぐから落ち込むような出来事が二つ重なり、更に次の日の早朝に親戚の不幸もあり、

中々楽しかった!!!

と言える状況でも余韻を楽しむ状況でも無く、なんだか楽しかった事が辛い出来事に変わりそうで辛い二日間でした。が、しかしいいものはやはりいいものであって、
あの時の時間はやっぱり幸せだった。そんな気持ちを残しておきたくて書きはじめました。

そういう状況でしたが、書いているうちに楽しい思い出が蘇り、結果的にこうして文字で残してよかったなぁという気持ちになり、よかったです。

やっぱりスキマスイッチが大好きだなと再認識。毎回期待を超えて来るライブパフォーマンスに驚くばかりです。

これからも体に気をつけて、音楽を続けていただきたいなーと思うのでした。
幸せな時間をありがとうございました。

 

 




スポンサーリンク
2017-07-26 | Posted in あいブログ, ライブComments Closed 

関連記事